スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)

 ロックミュージシャンの内田裕也(70)が25日、政府の行政刷新会議「事業仕分け第2弾後半戦」に現れ、仕分け人の蓮舫参院議員(42)にピンクのバラの花束を手渡して激励した。

 昨年11月、今年4月に続き、全3回の会議期間中に1回ずつ見学する“皆勤賞”。この日午前に行われた、農水省所管の日本森林林業振興会などを対象にした議論に耳を傾けた。終了後、バラ5輪の花束を会場内で蓮舫氏に渡し「ご苦労さんって、やろうと思って。喜んでくれたかな」。蓮舫氏も直後に「ご関心をいただき、本当にうれしいです」とツイッターで喜びをつづっていた。

 4月の「前半戦」では、冷静な口調で議論を進めた蓮舫氏を「80点」と採点した内田。第2弾の前後半を合わせ約8000人が傍聴し、インターネットでも中継されるなど、事業仕分けの関心も全国的に高まり「蓮舫ちゃんが目立って事業仕分けがすごく社会的に関心を持たれたんじゃないか。点数? 6点はロックだから、86点じゃないかな」と、“裕也流”の合格点をつけた。

 【関連記事】
本木雅弘に第3子 義父・内田裕也も祝福の「シェケナベイビー!」
民主党比例代表・庄野真代…蓮舫さんと仕分け人やりたい!
蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に
公営ギャンブル全体の見直しも…事業仕分け判定で

<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
出題ミスは40問中7問=キャリア技官の採用試験―防衛省(時事通信)
「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相(読売新聞)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
友人暴行死、男に懲役8年=遺体池に遺棄、裁判員裁判―前橋(時事通信)

北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は14日の記者会見で、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の運転再開に伴い、福井県が北陸新幹線の延伸を要望していることについて「首相からも聞いているが、採算性などをしっかり押さえて最終的に判断する」と述べ、別問題とする考えを改めて強調した。

 前原氏は、延伸には建設への地元負担や並行在来線の運営の問題などを整理する必要性があると指摘。「ノーと言っているのではないが、もんじゅをやってもらったので『はい分かりました』と軽々に言える話ではない」と慎重に検討する姿勢を示した。

 西川一誠福井県知事は13日、鳩山由紀夫首相に北陸新幹線の敦賀延伸を要望。首相は「地元の努力に報いなければならない」と答えたという。

普天間埋め立てに逆戻り、野党は批判強める(読売新聞)
【高速道路新料金】一部区間無料化の開始は6月下旬(レスポンス)
ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
自民・青木氏、参院選不出馬(時事通信)

県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は11日午後の衆院環境委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設を決断するまでの経緯に関し、「40数カ所(の移設先)を検討した」ことを明らかにした。具体的な地名には触れなかった。
 また、在沖縄米海兵隊の抑止力について「機密情報なども首相官邸に居ると見えてくる。そういう中で認識を新たにする部分もあった」と述べた。首相は4日の沖縄訪問時に抑止力に関する認識が浅かったことを認めたが、情報が不足する野党としてはやむを得ない面もあったと釈明した形だ。いずれも中谷元氏(自民)への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<JR埼京線>新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響(毎日新聞)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕−警視庁(時事通信)
不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)
知事会、公明党と参院選マニフェストについて意見交換(産経新聞)
岡山の運送会社を捜索 山陽道GW渋滞3人死亡多重事故(産経新聞)

覚せい剤「警官が混入」は虚偽=韓国籍女の薬物使用事件−大阪府警(時事通信)

 韓国籍の女(22)が大阪府警の巡査長(28)と一緒に覚せい剤を使用したとして逮捕された事件で、府警は27日までに、「巡査長に覚せい剤を飲み物に混入された」とする女の供述を虚偽と判断し、巡査長の関与はなかったとする捜査書類を大阪地検に送付した。
 府警は巡査長の刑事責任は問わないが、女との交際は不適切だったとして、処分を検討する。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ
刑事司法で連携強化=国境越える犯罪急増
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕

首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
投票用紙2枚渡す? 島根・町議選 最下位同数でくじ引き(産経新聞)
「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補「無責任だ…」(産経新聞)
<火災>住宅など2棟全焼 夫婦が行方不明に 兵庫・加西(毎日新聞)

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? −頭抱える農家・静岡など(時事通信)

 静岡県など各地のイチゴ農家で、ミツバチの盗難が相次いでいる。受粉に欠かせないミツバチは供給不足で価格が上昇。頭を抱える農家からは「転売目的で盗んだのでは」との声も出ている。
 静岡特産のイチゴ「紅ほっぺ」の産地・同県伊豆の国市では3月31日夜から1日朝にかけ、6軒の農家からミツバチの巣箱10個(計6万匹)が盗まれた。「とちおとめ」で知られる栃木県でも6日から7日にかけ、那須烏山市で約1万匹が盗まれた。栃木県警によると、今年はほかに5件の盗難被害があった。京都府でも今年に入り、綾部市や亀岡市などで盗難が続いた。
 イチゴの栽培では、受粉させるため花粉を運ぶミツバチが不可欠。伊豆の国市でミツバチを盗まれたイチゴ農家の60代男性は「ミツバチがないと形が悪くなり、売り物にならない」と嘆く。別の農家の女性(83)は「58年農業をやっているが、ミツバチを盗まれたのは初めて」と驚きを隠さない。
 農水省によると、ミツバチは感染病のため2007年に輸入が停止され価格が上昇。輸入は昨年再開されたが、冷夏や長雨などの影響で繁殖量は伸び悩んでいる。 

【関連ニュース】
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
〔写真特集〕ミクロの世界
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響

<普天間移設>徳之島住民「命がけで反対する」(毎日新聞)
「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)
<大麻解雇訴訟>元露鵬と元白露山の請求棄却…東京地裁(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)
学力テスト「参加希望校」採点に手回らず断念も(読売新聞)

財政健全化へ関係閣僚委=数値目標検討に着手(時事通信)

 政府は20日、財政再建目標を含めた「財政運営戦略」と2011〜13年度の歳出の大枠を定める「中期財政フレーム」の6月策定に向け、関係閣僚委員会を国会内で開いた。菅直人副総理兼財務相は閣僚委で「成長、社会保障、財政再建の3つの考え方を法案化し、国会で議論する準備をしている」と述べた。今後、法制化を視野に具体的な数値目標の検討に入る。 

「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)
強毒インフル発生時の業務継続計画を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は14日、強毒型の新型インフルエンザ発生時を想定した「業務継続計画」を発表した。職員の欠勤率を4割と見込み、縮小や中断が可能な事務を選別した上で、業務の継続が必要な部署に人員を割り当てることとした。
 計画では、国内で感染者が確認された段階で、業務の絞り込みに着手。新規施策の立案など延期可能な業務は縮小し、緊急性のない統計調査や式典などは中断する。
 その上で、新型インフルエンザ対策と停滞が許されない年金や生活保護の給付事務などの担当部署に人員を振り分けることとした。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型インフルの広報検証=総括会議、報道関係者も参加
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初

台風の目「第3極」…政権与党を利するケースも(読売新聞)
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
JR福知山線事故、運転士遺族が労災申請(読売新聞)
バスの中で仮眠…運転手、寝過ごし3便運休(読売新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)

両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く? −福岡県警(時事通信)

 福岡市中央区の福岡競艇場でごみ袋に入れられた人の両腕が見つかった事件で、福岡県警は9日、同市西区の能古島海岸で先月、遺体の一部が見つかった会社員諸賀礼子さん(32)の両腕と確認した。博多署捜査本部は週明けに付近の海面を捜索、残る部分の発見に全力を挙げる。
 捜査本部によると、両腕とも肩の部分から鋭利な刃物で切断されたとみられ、死後1〜2カ月が経過していた。傷みがひどく死因は不明だが、指紋から諸賀さんと判明した。
 競艇場によると、9日午前9時ごろ、レース開始前に小舟でコース内の水面を清掃していた業者の男性が、コースと海を区切る遮へい壁付近で袋を発見。中から手首のようなものが見えていた。
 清掃作業は毎日レース開始前と各レース後に行っているが、8日は見当たらなかったといい、レース場が面する博多湾から流れ着いた可能性が高い。 

【関連ニュース】
両腕は女性、死後1〜2カ月=鋭利な刃物で切断か
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」
羽交い締めで刃物、24万強奪=路上で男性襲う、コンビニにも?
口論で男性刺す=殺人未遂容疑で男逮捕

奨学金・公営住宅見直し 大阪府、財政再建へ6事業(産経新聞)
<東大寺>東塔復興に向け近く発掘調査(毎日新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

小泉被告に厳刑へ=求刑死刑、主文後回し−元次官ら連続殺傷・さいたま地裁(時事通信)

 3人が殺傷された元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、殺人などの罪に問われ死刑を求刑された無職小泉毅被告(48)の判決公判が30日、さいたま地裁であり、傳田喜久裁判長は主文の言い渡しに先立ち、判決理由の朗読を始めた。厳刑が予想される。
 小泉被告は動機について、捜査段階から公判まで一貫して「飼い犬が殺されたことに対するあだ討ち」と説明した。
 弁護側は動機が理解できないとして、小泉被告には妄想性障害があり、善悪を判断して行動する能力が著しく低下した心神耗弱状態だったと主張。自ら警視庁に出頭したことも考慮し、死刑回避を訴えていた。
 検察側は「動機と犯行がかけ離れているように思えるが、被告なりに筋は通っている」と妄想性障害を否定。出頭が自首に当たると認めた上で、「出頭して正当性を主張することも計画の一部。残忍極まり、減刑すべきではない」としていた。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、国交回復後初めて
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に

政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も−普天間問題(時事通信)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
ヤマハ柳社長、自工会の二輪車特別委員会委員に(レスポンス)
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で−菅副総理(時事通信)

<郵政改革>亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)

 政府は30日、郵政改革を巡る閣僚懇談会を開き、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を現行の倍の2000万円に引き上げることなどを柱とした亀井静香金融・郵政担当相の改革案で決着した。亀井担当相と原口一博総務相が24日に改革案を発表した直後から、仙谷由人国家戦略担当相ら一部閣僚が見直しを求め、閣内が対立。閣僚懇で鳩山由紀夫首相が閣僚の一任を取り付けた。首相は閣僚懇後、記者団に「亀井担当相と原口総務相の案を軸に早く法案を作るように指示した」と語った。

 亀井担当相の改革案は、ゆうちょ銀の預け入れ限度額を現行の1000万円から2000万円、かんぽ生命の保険限度額を1300万円から2500万円に引き上げる。日本郵政グループを3社体制に再編し、持ち株会社と郵便事業会社、郵便局会社を統合した親会社に対する政府の出資比率は3分の1超、親会社から金融2社(ゆうちょ銀、かんぽ生命)への出資比率も3分の1超とする。

 政府は4月半ばにも、郵政改革法案を今国会に提出し、会期内の成立を目指す。限度額の引き上げは、法案成立後の6月にも実施する。ただ、実施後の状況を踏まえ、来年4月にも限度額を見直す可能性がある。

 改革案は、全国一律サービスを郵便のほか、貯金、保険も対象にする。また、亀井担当相は郵政改革で、日本郵政グループの非正規雇用約20万人のうち最大10万人を正社員化する方針も掲げており、これらのコスト増を限度額引き上げでまかないたい考え。

 だが、金融2社に間接的な政府出資を残しながらの事業拡大路線には、金融業界から「官業肥大による民業圧迫だ」との批判は強く、仙谷担当相らも見直しを求める考えを示していた。【望月麻紀】

【関連ニュース】
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革法案:亀井担当相「株式公開時期は明示しない」
郵政改革案:30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明
鳩山首相:「郵政」閣僚懇での協議を指示

「学校崩壊」原因で自殺は労災…大阪地裁判決(読売新聞)
<チリ津波>気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査(毎日新聞)
環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)
名古屋市長 自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃−出入国計画(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
債務整理 無料相談
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
レンタルサーバー 比較
主婦 融資
selected entries
archives
recent comment
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    道隆 (01/05)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    サキューン (12/31)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    まろまゆ (12/22)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    ゴンボ (12/17)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    ちょーたん (12/12)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    ヘッド (12/08)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    俊之 (12/04)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    機関棒 (11/25)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    XXまるおXX (11/22)
  • 内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
    ぬらえもん (10/30)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM